開催日: 2021.07.28(Wen)

プロフェッショナルトークf vol.01 〜アーカイブズとフォークロア〜

新企画「プロフェッショナルトークf」。

今回の企画は、文化や歴史に関わる仕事をしている女性スピーカー(女性プロフェッショナル)をお招きして、「あまがさきアーカイブズ」の吉川真理子さんと「株式会社ここにある」の藤本がお話を聞いていくというトークイベントです。企画名にある「f」は「female」の頭文字。

今後「あまがさきアーカイブズ」と「あまがさきキューズモール」のコラボ企画として定期的に実施しますので、関心のある方はお気軽にご参加ください。

今回のテーマは、アーカイブズとフォークロア。つまり、保存と伝承です。

残すこと、伝えることに取り組むお二人のゲストにご登壇いただき、いろいろとお話を伺っていきます。

<こんなことが起こったらいいな!>
・尼崎市立歴史博物館(あまがさきアーカイブズ)のことを知ってもらう
・文化歴史に関する仕事をしている女性と出会ってもらう
・女性の「働き方」や「ライフスタイル」の発信を行う
・あまがさきキューズモールの活動に関心を持ってもらう など

◯ゲスト
河野 未央(こうの・みお)さん
あまがさきアーカイブズ/国立公文書館認証アーキビスト
平成7年(1995)、神戸大学文学部に入学。日本史学専攻。3回生の時に大規模自然災害から民間所在の歴史資料を救出・保全するボランティア団体“歴史資料ネットワーク(史料ネット)”の活動に触れる。アーカイブズに本格的に関わる端緒。大学院進学前後は史料ネット事務局員、また同大地域連携センター研究員として活動。博士課程修了後は関西圏の大学の非常勤講師、近大姫路大学(現姫路大学)助教を勤めたのち平成26年(2014)より尼崎市に奉職(当初尼崎市立地域研究史料館職員)、現在は尼崎市立歴史博物館職員。

岡本 真生(おかもと・まい)さん
園田学園女子大学経営学部 助教
民俗学を専門にしています。フィールドワーク(現地調査)で、たくさんの方々とお会いしています。人と出会うこと、人と語ること、それぞれの生き方を感じ取ることが好きです。おそらく、民俗学という学問に出会う前から。民俗学と出会ったきっかけも、ある方との出会いでした。尼崎市内でも、たくさんの方々に出会い、成長させていただいています。日常生活での人との出会いは、自分の視野を広く柔軟にしてくれると思います。

◯聞き手
吉川 真理子(よしかわ・まりこ)
あまがさきアーカイブズ
日本近現代史が専門。関西大学卒業後、OLを経て関西大学大学院に入学。博士号取得後、大学非常勤講師や研究員、アーカイブ系の民間企業での営業職ののち、現在あまがさきアーカイブズで2年目を迎えた。とにかく人が大好き。いろんな経歴の方のお話を聞くことがとても楽しみです。

藤本 遼(ふじもと りょう)
株式会社ここにある代表取締役/場を編む人
1990年4月生まれ。兵庫県尼崎市出身在住。「株式会社ここにある」代表取締役。「すべての人が楽しみながら、わたしとしての人生をまっとうできる社会」を目指し、さまざまなプロジェクトや活動を行う。「いかしあう生態系の編み直し」がキーワード。現在は、イベント・地域プロジェクトの企画運営や立ち上げ支援、会議やワークショップの企画・ファシリテーション、共創的な場づくり・まちづくりに関するコンサルティングや研修などを行う。さまざまな主体・関係者とともに共創的に進めていくプロセスデザインが専門。代表的なプロジェクトは「ミーツ・ザ・福祉」「カリー寺」「生き博(旧:生き方見本市)」「場の発酵研究所」「武庫之のうえん」など。『場づくりという冒険 いかしあうつながりを編み直す(グリーンズ出版)』著(2020年4月)。

開催概要

開催日時 2021.07.28(Wen)
18:00-19:30
開催場所

あまがさきキューズモール3F「レンガのひろば」

参加費用 無料
タイムスケジュール 18:00 オープニング
18:10 ゲスト自己紹介・活動紹介
18:30 パネルトーク
19:00 参加者のみなさんから質問をいただく
19:25 まとめ・次回以降の案内
19:30 クロージング
定員 20名
備考 ◯お申し込み
参加予定にチェックをお願いします。

◯お問い合わせ
株式会社ここにある(藤本)
TEL:090-8208-2918
Email:fujimotoryo0410@gmail.com